Yado_tech

旅館+ITとはなんぞ

【Beds24】Beds24のgetBookingjsonにPythonからアクセスする

A4の部屋割表の作成を自動化するために、まずはBeds24 からその日の予約をピックアップしてみる。

import requests
import json

#必要なところはこの辺にまとめる
url = "https://www.beds24.com/api/json/getBookings"
username = ""
api_key = ""
prop_key = ""
datefrom = "20191013"
dateto = "20191013"

paylord = {
    "authentication": {
        "apiKey": api_key,
        "propKey": prop_key
    },
    "includeInvoice":False,
    "includeInfoItems": False,
    "arrivalFrom":datefrom,
    "arrivalTo":dateto
}

res = requests.post(url,data = json.dumps(paylord), headers = {"content-type": "application/json"})
data = res.json()

変数dataの中にJsonになった予約データがあるのでこれをよしなに加工していくといい感じになるのかもしれない。

supercolliderから音が出なかった。

PythonでFoxDotをインストールして使おうと思ったらバックグラウンドのSuperColliderから音が出なかった。 OS: Ubuntu 18.04 USBアンプ使用

SuperColliderServerOptions.devices;としてみたら

ERROR: A primitive was not bound. 0 711
Instance of Method {    (0x5576a0a4a6c0, gc=01, fmt=00, flg=11, set=04)
  instance variables [15]
    raw1 : Float 0.000000   00000000 0080000C
    raw2 : Float 0.000000   00000300 03020003
    code : instance of Int8Array (0x5576a0a4a9c0, size=4, set=2)
    selectors : nil
    constants : nil
    prototypeFrame : instance of Array (0x5576a0a4a900, size=3, set=2)
    context : nil
    argNames : instance of SymbolArray (0x5576a0a4a840, size=3, set=2)
    varNames : nil
    sourceCode : nil
    ownerClass : class Meta_ServerOptions (0x5576a0a40e00)
    name : Symbol 'prListDevices'
    primitiveName : Symbol '_ListAudioDevices'
    filenameSymbol : Symbol '/usr/share/SuperCollider/SCClassLibrary/Common/Control/Server.sc'
    charPos : Integer 4472
}
ERROR: Primitive 'none' failed.
Failed.
RECEIVER:
   nil
CALL STACK:
    MethodError:reportError   0x5576a20b4f78
        arg this = <instance of PrimitiveFailedError>
    Nil:handleError   0x5576a2086318
        arg this = nil
        arg error = <instance of PrimitiveFailedError>
    Thread:handleError   0x5576a20b2f78
        arg this = <instance of Thread>
        arg error = <instance of PrimitiveFailedError>
    Object:throw   0x5576a1ffe618
        arg this = <instance of PrimitiveFailedError>
    Object:primitiveFailed   0x5576a20b1498
        arg this = nil
    Interpreter:interpretPrintCmdLine   0x5576a2073758
        arg this = <instance of Interpreter>
        var res = nil
        var func = <instance of Function>
        var code = "ServerOptions.devices;"
        var doc = nil
        var ideClass = <instance of Meta_ScIDE>
    Process:interpretPrintCmdLine   0x5576a208d1a8
        arg this = <instance of Main>
^^ The preceding error dump is for ERROR: Primitive 'none' failed.
Failed.
RECEIVER: nil

というメッセージが出た。USBのアンプ使ってるからかな?とは思うもののとりあえず色々してみた。

ぐぐってみたらココと同じ症状だった。

stackoverflow.com

多分オーディオコントロールがJackというものを使わないといけないらしい。

ということで具体的にやったこと。

sudo usermod -aG [YOURNAME] audioする。←これはいるのかわからない

qjackctlを起動する

設定のところを

f:id:devilmakelie:20190824000533p:plain

として

開始ボタンを押した。

f:id:devilmakelie:20190824000928p:plain

この状態でSuperCollider起動してFoxDot起動したらうまく音がなった。

odoo12をUbuntuにインストールするwith docker

新しくPOSを選定するにあたってodooを導入することにした。
以前はWindows上に作っていたのだが今回はUbuntuにインストールすることにした。

そしていつもアンインストールなんかがめんどくさそうなので今回はdockerに載せることにした。

てことでここを参考にDockerをインストールした。

docs.docker.com

つぎはここを参考にDockerにOdoo12をインストールした。

hub.docker.com

以前はコマンドを一個一個打っていっていたのだが、こちらのほうが全然早いと思う。

毎週Beds24のAPIから稼働室数をメールするスクリプトを書いた。

前回と前々回の記事から作った。

//メインの関数
function mailOccupancyData(){
  getDataFromBeds24()
  mailToMyself('yourmailaddress')

}

//Beds24からいろいろ情報を取ってくる。
function getDataFromBeds24() {

  //初期設定などはここから
  
  //username はBeds24で登録しているメアド
  var username = "your@mailaddress"
  
  //passwordはBeds24のAPI KEY
  var password = "yourAPIKEY"
  
  //このスクリプトを配置しているSpreadsheetのID
  var shid = "yourspreadsheetid"
  
  //いつから(datefrom)いつまで(dateto)
  var datefrom = "2019-10-01"
  var dateto = "2020-01-31"

  //roomid(Beds24の部屋ID)
  var roomid = ["roomid","roomid"]
  
  //ここまでは各自書き換えてください。
  var url = "https://www.beds24.com/api/csv/getroomdailycsv"
  var sp = SpreadsheetApp.openById(shid)
  var sheets = sp.getSheets() 
  
  if(roomid.length>sp.getNumSheets()){
  for (var i=1 ; i <= roomid.length; i++){
    sp.insertSheet()    
  }
}

  
  for (var i=0 ; i < roomid.length ; i++){
  var options = {
    method:"post",
    followRedirects:false,
    payload:{
      username:username,
      password:password,
      propid:"yourpropid",
      roomid:roomid[i],
      datefrom:datefrom,
      dateto:dateto
    }
  }
  
  var res = UrlFetchApp.fetch(url,options)
  var csvfile = Utilities.parseCsv(res)
  Logger.log(i)
  var firstsh = sheets[i]
  firstsh.clear()
  firstsh.getRange(1,1,csvfile.length,csvfile[0].length).setValues(csvfile)
  Utilities.sleep(5000)
}

  
  //最後のシートにクエリ関数を作成する
  var sh = sheets[sheets.length-1].activate()
  var formula = "=QUERY({"
  
  for (i in roomid){
    formula += sheets[i].getName() + '!A2:L;'
  }
  formula = formula.slice(0,-1)
  formula += '\},\"select Col1 ,Col2 ,sum(Col5) where Col2 is not null group by Col1 , Col2 label sum(Col5) \'\'\")'
  
  //Logger.log(formula)
  
  sh.getRange('A1').setFormula(formula)
  
  //Logger.log(sh.getRange('B4').getValue())

}

//稼働率を計算してメールするスクリプト

function mailToMyself(mail){
  var sh = SpreadsheetApp.getActive().getSheets()
  var data = sh[sh.length-1].getDataRange().getValues()
  var message = ""
  for (i in data){
  Logger.log(i)
  message += data[i][0] + '年' + data[i][1] + '月の稼働部屋数は' + data[i][2] + 'です\n'
  }
  MailApp.sendEmail(mail,'稼働率報告',message)
}

これをトリガー登録できるようにしておしまい。

gasでBeds24のAPIにアクセスする②

今度はCSVファイルをSpreadsheetに書き込んでみた。

パスワードがAPI KEYであることに気づかずに結構グダったが、まぁできた。

function myFunction() {

  var username = "yourusername"
  var password = "youAPIKEY!!!"
  var url = "https://www.beds24.com/api/csv/getbookingscsv"
  var options = {
    method:"post",
    followRedirects:false,
    payload:{
      username:username,
      password:password,
      datefrom:"2019-12-31",
      dateto:"2020-01-01"
    }
  }
  
  var res = UrlFetchApp.fetch(url,options)
  var csvfile = Utilities.parseCsv(res)
  var sp = SpreadsheetApp.create("テストです")
  sh = sp.getSheets()[0]
  sh.getRange(1,1,csvfile.length,csvfile[0].length).setValues(csvfile)

}

gasでBeds24のAPIにアクセスする

備忘録的な話

beds24というPMSを使うことにした。なぜならAPIによるアクセスが出来るから。
手始めにGASでAPIにアクセスしてみた。なぜGASなのかというと・・

  • 最終的にはLINE BOTを作りたい
  • pythonだとflaskを使わないといけない=サーバーの設定が必要

ということでその辺をよしなにやってくれるGASで試してみた。

必要なもの

beds24の設定>アカウント>アカウントアクセス>API KEY で確認できる

f:id:devilmakelie:20190623002118p:plain

  • 施設キー

beds24の設定>プロパティ>概要>リンク で確認できる

f:id:devilmakelie:20190623002223p:plain

  • 部屋ID

beds24の設定>プロパティ>部屋 で確認できる

f:id:devilmakelie:20190623002539p:plain

以下コード今回は単純にLogger.logで出力しているが、JSON.parse()とかを使えばあとは好きな風にできると思う。
APIエンドポイントは今回はRoomDatesを使ったが、ほかのURLでも同じようにJSONをPOSTすれば望んだJSONを得ることができると思う。

それではよいAPIライフを!

function beds24apitest(){
  var FACILITY_AT = "youraccesstoken"
  var PROPERTY_AT = "yourpropkey"
  var url = "https://api.beds24.com/json/getRoomDates"
  var payload = {
    "authentication": {
        "apiKey":FACILITY_AT,
        "propKey": PROPERTY_AT
    },
    "roomId": yourroomid,
    "from": "20191231",
    "to": "20200101",
    "incMaxStay": 0,
    "incMultiplier": 0,
    "incOverride": 0,
    "allowInventoryNegative": 0
}
  var options = {
  method : "POST",
  contentType:"application/json",
  muteHttpExceptions:true,
  payload : JSON.stringify(payload)
}
  
  var res = UrlFetchApp.fetch(url,options)
  Logger.log(res)
}

Powershellを始めてみる

f:id:devilmakelie:20190131133254p:plain


だって面白そうだったから・・

 

PowerShell実践ガイドブック ~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~
 

 これを少しずつ写経していくことにする

 

まずインストール。え、powershellって最初から入ってるんじゃないの??

→どうやら最初から入ってるのはWindows Powershell こっちで使うのはPowershell Coreでどちらもほぼ同じだが機能が一部違うらしい。

 

文章作り、item1.txtからitem10.txtを作ってみる。

\PowerShellPractice> 1..10 | ForEach-Object{"" > item$_.txt}

1行だ、簡単。 なんでも1..10で連番が使えるらしい。ということは・・・

>$exmpl = 1..10
>ForEach-Object{"" > item$exmpl.txt}

としてみた。

f:id:devilmakelie:20190131134106p:plain

なぜか思ったようには動かなかった。

今日はそんくらい。じっくり覚えようか迷う。正直Pythonでもいいんだけど新しい言語覚えるのは楽しい。